MENU
びまん性脱毛症の治療を始める前に読もう!【対策一覧】

びまん性脱毛症の主な対策法と各々のメリットデメリット

自宅での育毛剤ケア

育毛剤

最も手軽で経済的な対策法と言えるでしょう。今では薬局でお店の人と顔を合わせる事も無く、ネットで簡単に育毛剤が手に入ります。しかも、昨今の女性薄毛の社会問題化もあって女性用の育毛剤も増えてきています。手軽で経済的なところが、自宅での育毛剤ケアの魅力です。

ウィッグ・かつら

ウィッグ

アートネイチャーやアデランスと言った有名サロンを中心に、女性向けのウィッグやかつらが市場規模を拡大しています。自分の髪の毛に結び付けるエクステのような感じの「増毛」も愛用者が増えています。即効性があると言う点がウィッグやかつらの魅力と言えるでしょう。

育毛サロン

こちらもウィッグの場合と同じ会社であるアートネイチャーやアデランスが主流と言えるでしょう。医療機関ではないとは言え、独自の開発研究結果に基づいた育毛・発毛の施術が行われています。サロンという事で美容室のような感覚で通えるところが魅力です。

病院(クリニック)

女医

以前は一般の病院で男性の医師や男性の看護師に囲まれながら治療を受ける事に抵抗を感じる人が多かったようですが、最近では時代の流れもあって女性専用のクリニックが増えています。女性の医師やスタッフだけのクリニックもあります。

 

そのため以前とは違い、治療に通うという女性の心理的なハードルが下がってきています。病院ですので、医学的根拠に基づいた効果的な治療が受けられるのが魅力です。

 

対策法 メリット デメリット
自宅での育毛剤 手軽・経済的 改善への期待値が低い
ウィッグ・かつら 即効性 費用が高額
育毛サロン 通いやすい 費用が高額
病院(クリニック) 医学的根拠に基づく治療 多少費用がかかる

びまん性脱毛症の病院比較ランキング

以下に人気のびまん性脱毛症の専門クリニックを掲載しました。ランキングは当HP経由でのカウンセリング予約が多い順番になっており、随時更新しています。数ある中でも以下のクリニックは全国的にも特に評判が良いクリニックです。可能な限り複数院でカウンセリングを受け、セカンドオピニオンを取りつつ病院選びを実施しましょう。

円グラフは「費用の割安感」「診療所の数」「治療法の豊富さ」を目安として掲載しています。費用に関しては変更されている可能性があります。あくまで目安としてご参考ください。詳しくは無料カウンセリングの際に見積もりを出してもらいましょう。

TBC

女性の薄毛に特化した医学的な治療が受けられる人気の病院です。発毛実感率は94%を記録しており、東京ビューティークリニックだけでなく提携院でも同じ治療が可能なことも多くの患者に選ばれる秘訣となっています。

 

公式HPに多数症例写真(ビフォーアフター)が掲載されています。こちらも非常に参考になります。大手のクリニックですので、無理な勧誘や後々料金が増えていくような不明朗な価格請求はありません。明朗会計で親身に対応してもらえますので安心して相談する事が可能です。

 

費用(税別)

チェックカウンセリング⇒0円
チェック初診料⇒5,000円※発毛治療は0円
チェックパントガール⇒1ヶ月7,000円(初月)
チェック血液検査⇒10,000円※発毛治療は0円(期間限定)
チェックオリジナル発毛薬⇒内服14,000円〜21,000円(1か月)
チェックオリジナル発毛薬⇒外用14,000円(1か月)
チェックFAGAメソセラピー⇒50,000円〜
チェックFAGA幹細胞再生治療⇒60,000円〜

チェックHair Moving植毛法⇒基本料金250,000円+グラフトに応じた費用
チェック医療用育毛シャンプー⇒2,900円
チェック育毛トリートメント⇒2,593円

治療内容 専門の医師による問診⇒マイクロスコープ等を利用した頭皮チェックとカウンセリング⇒血液検査⇒治療薬の処方が一般的な治療の流れとなります。東京ビューティークリニックでは、一般的な女性びまん性脱毛症の治療薬である「パントガール」の処方だけでなく、治療を一層高めるためのオリジナル発毛薬や頭皮に直接注入するFAGAメソセラピー、自毛植毛など多岐にわたる治療法が準備されています。
立地 銀座院「東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス8F」

渋谷院「東京都渋谷区渋谷1-14-15 森ビル5F」
新宿院「大阪府大阪市北区芝田2-1-21 高橋ビル6F」
名古屋院「愛知県名古屋市中村区名駅4丁目2番9号名駅クリスタルビル6F」
福岡院「福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル4F」
※その他提携院多数あり(詳しくは公式HPで!)

ルネッサンス

発毛実感率98%の薄毛治療総合クリニックです。年々増え続ける女性薄毛の患者数に合わせて、女性向けの施術も増えてきています。AGAルネッサンスクリニックでは2009年以降の3年間で女性の患者数は2.5倍に膨れ上がっています

 

カウンセリングも診察も無料で受ける事が可能なところも気軽に相談でき、選ばれる秘訣となっています。治療薬、メソセラピー、自毛植毛と選択の幅は広く、カウンセリングの際に最も適した治療コースを提示してもらえます。

 

費用

チェックカウンセリング⇒0円
チェック初診・再診⇒0円
チェック血液検査⇒2,160円
チェックパントガール⇒1か月10,260円
チェックHRオリジナル内服薬⇒1か月17,550円
チェックロゲイン2%1か月⇒5,832円
チェックパントスチン1か月⇒11,340円
チェックHRオリジナル外用薬1か月21,060円

チェックAGA遺伝子検査⇒20,088円
チェック毛髪再生メソセラピー⇒1回86,400円

治療内容 パントガールやパントスチンといった代表的な医薬品による治療から、メソセラピー、自毛植毛まで幅広く施術が行われています。特に自毛植毛に関しては、ロボット植毛ARTASを採用しており、低価格で高性能な植毛が可能となっています。女性の自毛植毛も増えてきており、AGAルネッサンスクリニックでは切る植毛や切らない植毛など自毛植毛一つとっても選択の幅が拡がっています。
立地

新宿院「東京都渋谷区代々木2-2-13新宿TRビル4階」
福岡院「福岡市中央区大名2-1-35トライエント山崎ビル8F」
大阪院「大阪府大阪市北区梅田1-9-20大阪マルビル5F」
仙台院「宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12アーバンライフ橋本2F」
札幌院「北海道札札幌市中央区北一条西3-3-10ユニゾイン札幌 3F」
※その他提携院多数あり(詳しくは公式HPで!)

聖心

再生医療と呼ばれる分野の技術を筆頭に、治療薬から自毛植毛まで手掛ける大手の薄毛専門クリニックです。一般的な治療薬だけでは改善出来なかった患者さんが、聖心の再生医療を受けて改善されている症例も少なくありません

 

ドクターの紹介や多数の症例写真など、公式HPも充実しており参考になります。びまん性脱毛症の治療を安心して任せられる病院の一つですので、まずは気軽に相談から始めてみると良いでしょう。

 

費用(税別)

チェックカウンセリング⇒0円
チェック毛髪ミネラル検査⇒12,000円
チェックパントガール⇒1か月15,000円
チェック毛髪サポート漢方⇒4,000円〜6,000円
チェックKIPスカルプヘアエッセンス⇒1か月分17,000円
チェックパントスチン⇒1か月分11,000円
チェックロゲイン2%⇒1か月分6,000円
チェックリアップリジェンヌ⇒1か月分5,400円

チェックプレミアムグロースファクター再生療法⇒65,000円〜
チェックグロースファクター再生療法⇒55,000円〜
チェックケラステム毛髪再生⇒600,000円〜
チェックKIPスカルプヘアシャンプー⇒1本5,500円
チェックKIPスカルプヘアコンディショナー⇒1本5,500円

治療内容 聖心毛髪再生外来も又、多岐にわたる治療が受けられる人気のクリニックです。特にグロースファクター療法(再生療法)に力を入れているクリニックであり、女性の薄毛治療にも高い実績を上げています。プレミアムグロースファクター再生療法は80%が発毛、20%が抜け毛減少を実感している非常に高い効果が期待できる治療法となります。
立地

札幌院「札幌市中央区北5条西2-5JRタワーオフィスプラザさっぽろ15F」
東京院「東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F」
大宮院「埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F」
横浜院「横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F」
熱海院「静岡県熱海市田原本町4-16 伊東園ホテル熱海館1F」
名古屋院「名古屋市中区錦1-20-25 広小路YMDビル3F」
大阪院「大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F」
広島院「広島市中区本通3-10 本通サザン3F」
福岡院「福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス4F」

病院での治療内容

女性薄毛の治療風景

薄毛の治療って何をするのだろうと疑問というか心配というか、不安を抱えている方も多い事でしょう。しかし、実際には通院は月に1度程度と少なく、治療薬での治療が基本となります。治療薬には、主に医薬品のパントガールやパントスチンといった女性の薄毛に特化した治療薬が使用されます。

 

診察を受けて、状態をチェックし、薬の副作用が出ていないかとか、継続して効果が見込めるかなど、専門の医師が判断しながら進めていく流れとなります。中には、薄毛の症状が酷く進行している場合など、そういった場合は頭皮に直接注射するメソセラピーなどの先端医療の施術が行われ、その場合は週に1回程度の通院が必要となります。

 

各院の公式HPで紹介されている症例写真を見れば分かりますが、多くの患者さんが治療6か月程度で何かしらの変化を実感されています。他人が写真を見ただけでも、その変化は一目瞭然です。

 

東京ビューティークリニックなど女性向けのサロでは、殆どのスタッフが女性で構成されており余計なストレスなく治療を受ける事が可能です。内科系の診察に比べれば、男性医にお願いするストレスは少ないと思われますが、やはり同性の医師やスタッフに相談するのは精神的にも低ストレスで済みます

 

また、専門クリニックでは基本が予約制なので、他の患者さんの目を気にする事なく診察が受けられるのも一般の病院ではなく専門クリニックを選ぶ理由として挙げられます。各クリニックでは、期間限定の割引(学割、新生活応援キャンペーンなど)やモニター募集によるモニター価格での施術など、費用の面でも低負担での治療が開始できるように配慮されています。

病院での治療費(保険)について

健康保険証

びまん性脱毛症の治療には医療保険は適用されるのか?そういった疑問を持たれる方も多いと思います。結論から言えば、びまん性脱毛症の治療に保険を適用する事は出来ません。何故なら、直接生命や健康に悪影響を与える病気ではないと判断されているからです。

 

怪我をしたり、病気をした時は保険を当たり前のように使いますが、薄毛の治療に関しては「自由診療扱い」となり、全額自腹での治療費負担となります。自腹と聞くと凄く損したような気分になりますが、例えば東京ビューティークリニック等では月額で7,000円〜治療が始められます。

 

多くの場合、医薬品を使った医学的な治療で改善が見込めるケースが多いです。医薬品ですので、医師による処方が必要となります。効果が国によって認められている反面、副作用等の危険性もあるためです。市販の育毛剤を使うよりも、まずこの点で大きく効果への期待度が高まります。

 

また、医薬品の治療だけではない専門クリニックならではの次の一手も準備されています。所謂、メソセラピーやメディカルヘッドスパ、自毛植毛といった医学治療です。治療費を懸念されている方もおられるかと思いますが、上記で紹介したクリニックでは無料カウンセリングの段階で費用の見積もりが出されます。その点で納得できなければ治療を開始できません。まずは相談して費用の見積もりを出してもらい判断しましょう。

病院での薄毛治療期間

投薬

びまん性脱毛症の治療期間についてですが、これには個人差があり一概に言えないのが実状です。多くの女性は、半年程度の期間で何らかの変化を実感できています。

 

カツラや増毛のように即効性はありませんが、自分の髪の毛を取り戻せる方法ですので、じっくりと腰を据えて取り組む必要があります。

 

ただし、上記でもご説明した通り、月に何度も何度も病院に足を運ぶ必要はありません。医薬品の適用が可能かどうか医師に判断してもらい、あとは副作用等の症状がないか月に1度程度診察に行き、新しい薬を処方してもらうだけです。

 

また、人気のクリニックはアクセスの便利な場所にあり、かつプライバシーの保護の観点から完全予約制となっています。仕事帰りなど都合の良い時間に予約を入れ、他の患者さんと顔を合わせることなく静かに診察を終える事が出来ます。びまん性脱毛症の治療は、1年〜2年くらい覚悟を以て望むと良いでしょう