MENU

女性ホルモンの分泌が減ると薄毛になるのは分かっているけど…対策は?

女性の髪質は、女性ホルモンの分泌量にリンクして変化するので、女性ホルモンの減少が急下降する更年期になると、薄毛の悩みも増えてきます。

 

女性特有のエイジング現象のひとつで、男性の薄毛とは全くタイプが別のものですから、対処方法も変わってきます。

 

エストロゲンの影響は髪の毛にも

女性の髪の毛は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を、非常に濃く受けています。ですから、エストロゲンの分泌が下降の一途をたどる40代以降になると、薄毛や白髪の悩みが増えてきます。

 

女性の加齢による薄毛の特徴は、髪の毛の1本1本が細く、ハリやコシがなくなってしまうことです。そのせいで、髪の毛全体が薄くなったような印象になり、地肌が透けて見えるような状態になります。髪の毛がすっかり抜けるわけではなく、全体のボリュームがなく、髪の毛がペタンコになってしまうのです。

 

また、女性ホルモンの分泌が減ることで、毛周期と呼ばれるヘアサイクルも変化していきます。毛周期というのは、髪の毛の生え変わるサイクルのことで、大きく成長期、退行期、休止期に分かれます。

 

髪の毛が太く長く育つ成長期が短くなり、髪の毛が頭皮にとどまっているだけで、自然に抜けていく休止期が長くなってしまうのです。

 

そのため、成長不足の髪の毛は細くて短くなり、しかもすぐに抜けてしまうという状態になります。加齢の影響もあり、頭皮も硬くなり、健康な髪の毛が育ちにくいのも、薄毛の原因になります。

 

女性ホルモンの分泌の低下や乱れは、生活習慣や食生活の影響も受けやすいので、エストロゲンの減少を補うためのケアも考えてみるといいかもしれません

 

プラセンタや大豆イソフラボンなどの、女性ホルモンの分泌に関わる成分を摂る他、運動や基礎体温を上げる、代謝や血行を良くする食事や運動をするなどの努力で、少しでも髪の毛の老化を減速させることで、抜け毛や薄毛も予防できるということです。髪の毛に老化のサインが現れたら、少しでも早い時期から、対策することが大切ですね。

びまん性脱毛症治療ランキング