MENU

自宅で使う女性用育毛剤の賢い選び方

薄毛を予防したり改善するには、生活習慣が乱れないようにしたり、正しいヘアケアを行うのが基本です。しかし、抜け毛のメカニズムはとても複雑なので、いくらしっかり対策を行っても予防や改善が出来ないこともあります。そんな時には女性用育毛剤を使って、髪の成長サイクルに直接アプローチすることが有効な対策になります。

 

女性用育毛剤を使う理由

薄毛を気にする女性

育毛剤には、男性用と女性用がありますが、これはそれぞれに抜け毛が起こる原因が異なるからです。男性の場合はほとんどの場合男性ホルモンが原因となるので、男性ホルモンの活性にアプローチする成分が配合されています

 

しかし、女性の薄毛は加齢や過剰なヘアケア、ストレス、食生活などによる血行不良や頭皮の乾燥などが主な原因になります。そのため原因にアプローチするのではなく、頭皮環境の改善に働きかける成分で構成されているのが特徴です。このように、同じ育毛剤でも配合成分がまったく異なるため、女性は専用の育毛剤を使う必要があるのです。

 

女性用育毛剤の賢い選び方

女性用育毛剤と一口にいっても商品によって働きが異なるため、自分に合ったものを使わないと効果が得られません。女性用育毛剤の効果を大きく分けると、血行を促進するタイプ、頭皮を保湿するタイプ、栄養を補給するタイプの3種類があります。つまり、賢く選ぶためには、自分の薄毛の原因をきちんと把握することが大切なのです。頭皮が硬い方は血行不良、かゆみやフケがひどい方は乾燥、食生活が乱れている方は栄養不足など、自分の薄毛の原因はある程度特定出来ます。

 

また、髪が全体的に薄い、部分的に薄い、分け目が薄いなど薄毛の状態も人によって違います。全体的に薄いのは栄養不足、部分的に薄いのは血行不良、分け目が薄いのはダメージによる乾燥が原因と考えられます。このように、頭皮の状態や薄毛の状態から女性用育毛剤を選んでケアをすれば、改善効果も期待できるでしょう。

 

効果が出るまでの目安

ただし、いくら自分に合っている育毛剤であっても、すぐに効果が現れるわけではありません。髪の成長サイクルからみても、効果の有無を判断するには最低でも6ヶ月は使い続けてください。もし半年使っても改善効果が見られない場合は、使い方に問題があるか、育毛剤があっていないのかもしれません。

 

ですが、乾燥肌を改善するために保湿をしてもすぐ治らないのと同じで、いくら原因にアプローチする育毛剤を使っていても効果がなかなか得られないこともあります。ですので時間を無駄にせず、しっかりと育毛効果を得たいという方は、専門クリニックで髪や頭皮の状態を正確に調べて、その状態に合った育毛剤を処方してもらうといいでしょう。

びまん性脱毛症治療ランキング