MENU

女性が筋トレすると薄毛になりやすい?

女性でも、美しく健康的なスタイルになるために筋トレをする方も多いでしょう。しかし、筋トレをすると薄毛になりやすいとも言われていますから、不安に思う方もいるのではないでしょうか。筋トレと薄毛に関してはいろいろな説がありますが、実際のところ殆ど関係ないけど、100%無関係とも言い切れません

 

筋トレで薄毛になるのか?

ダンベルを持つ女性

結論から言うと、筋トレをすると薄毛になりやすいというのは不明です。後述しますが、筋トレを職業としているボディービルの人でも特別薄毛の人が多いという事実は無いようです。

 

筋トレは筋肉を鍛えるトレーニングですが、これは筋肉にあえて負担をかけて傷つけることで、さらに強くしていくというメカニズムになります。所謂、「超回復」と言われる体の機能です。人間の体は、傷つけられた部分を修復する力を持つと同時に、その部分を強化する力を持っています。

 

つまり筋トレで筋肉に傷がつくと、傷つけられないように強く修復されるため筋肉を鍛えることが出来るのですが、この時に作られるのが「テストステロン」という男性ホルモンです。テストステロンは筋肉を修復する大切な役割を持っていますが、この男性ホルモンが薄毛に大きく関係しているのです。

 

筋トレで薄毛になる理由

オデコの薄毛を気にする女性

テストステロンは髪や骨を強くしたり、筋肉を強化するために必要不可欠なホルモンですが、「5αリダクターゼ」という酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという活性型ホルモンに変性します。

 

ジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の原因となるホルモンで、髪の成長を抑制したり、皮脂を過剰分泌させて薄毛を引き起こすのです。

 

女性にもテストステロンは分泌されますが、普通であれば分泌量はごくわずかなので影響を受けることはありません。しかし、筋トレをすると通常よりもたくさん分泌されてしまうので、ジヒドロテストステロンが増加して脱毛を引き起こす確率が増えるため、このことで女性でも薄毛になるリスクが高くなると考えられているのです。

 

更年期に女性ホルモンが減り、相対的に男性ホルモン(テストステロン)が増える事で引き起こされるFAGAと理屈は同じですね。FAGAとは男性型脱毛症の女性版の呼称です。

 

筋トレによる薄毛を防ぐには?

腹筋をする女性

もちろん、すべての人が筋トレをして薄毛になるわけではありません。ジヒドロテストステロンによる脱毛は、このホルモンの受容体となる「アンドロゲンレセプター」の働きによって度合いが異なります。

 

アンドロゲンレセプターが活発なら薄毛になりやすく、鈍感なら薄毛になりにくいのです。これは遺伝による影響が大きいと言われています。

 

受容体の活性度はクリニックで検査できるので、薄毛を予防もしくは改善したい方はアンドロゲンレセプター遺伝子の検査をしてみるといいでしょう。受容体が活発であっても、健康維持やダイエットのために筋トレをしたいという方は、まず規則正しい生活習慣や栄養バランスの整った食事を心がけて、薄毛の要因を取り除いておくことが大切です。

 

まとめ(個人的見解)

男性の話になりますが、私の従兄弟でボディービルをやっている人がいますが、彼の髪はフサフサですし、彼に聞いてもボディービルをやっているから薄毛の人が多いといった実感はないそうです。筋トレをすると薄毛になるという心配は個人的には皆無に近いのではないかと考えています。個人的には水泳をすると薄毛になるといった類と同類で、因果関係は無いと考えています

びまん性脱毛症治療ランキング