MENU

意外と長引く産後女性の薄毛の原因と対策のポイント

妊娠や出産を経験した方、もしくはこれから子供が欲しいと思っている方は、産後脱毛症というのを耳にしたことがあるでしょう。出産後の脱毛というのは多くの女性が経験するものです。産後に薄毛になっても基本的には自然に元に戻りますが、それでも生活習慣や体質によっては戻らなかったり長引いたりするので、原因や対策を覚えておきましょう。

 

産後女性の薄毛の原因

妊娠から出産にかけての期間は、女性ホルモンの分泌量が大幅に変化をします。妊娠している間は、妊娠状態を維持したり胎児の成長をサポートするために、女性ホルモンの分泌量が多くなります。そのため、妊娠中は体にあらゆる変化が現れるのですね。

 

ですが、出産をすると分泌量は一気に減少しますから、この段階でも体にいろいろな変化が起こります。女性ホルモンには髪の成長を維持したり促進する働きがあるので、分泌量が減ってしまうと成長サイクルが乱れてしまいます。すると成長期にあった髪が抜け落ちたり、これから伸びるはずだった髪の成長がストップしてしまうため、産後脱毛症が発症するのです。

 

産後脱毛症の対策ポイント

産後脱毛症は、女性ホルモンが安定して分泌されるようになれば改善されます。ただ、新生児の育児というのは、おむつ替えや授乳など24時間体制で赤ちゃんを中心にした生活になります。そのため食生活がいい加減になったり、十分な睡眠が取れなくなるなど、薄毛を引き起こしやすい環境になってしまいます。

 

この生活をずっと続けていると、女性ホルモンの分泌量が安定しても薄毛が改善されないかもしれません。薄毛を改善するには、女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンを意識して摂取するのが一番です。大豆イソフラボンは豆腐や納豆など大豆食品に含まれていますから、できるだけ食べるように心がけてください。

 

また、睡眠中には髪の成長を促す成長ホルモンが分泌されるので、少しでも時間があったら横になって休むようにしましょう。産後に抜け毛が増えると、気持ちが落ち込んだり焦ったりしてしまいますが、そこでストレスを感じると症状が悪化するかもしれません。まずは誰にでも起こるもの、と気楽に考えて神経質にならないようにしながら、対策を取り入れていくといいですね。

びまん性脱毛症治療ランキング