MENU

ウィッグで女性薄毛をカバー・保険適用できる場合もあり?

女性用ウィッグ

薄毛をカバーする方法の一つとして人気になっているのがウィッグです。ウィッグには低価格で購入できる既製品もありますが、自然なスタイルにするには高額でもオーダーメイド品がベストです。

 

オーダーメイド品はかなり費用がかかるため負担が大きいですが、医療用ウィッグもあるので保険が適用できると助かりますね。

 

ウィッグを利用するメリット

ウィッグは頭皮に負担をかけるので、薄毛が進行してしまう可能性があります。それでもウィッグで薄毛をカバーするのはメリットがあるのです。そのメリットとは、精神的な負担を軽減することです。男性でも薄毛は気になりますが、女性の方がもっと気になるものですし、薄毛対策を行っているのに効果がでないとストレスも溜まりますね。

 

精神的に薄毛の負担がかかっていると、薄毛対策もスムーズに進みませんし、ストレスは薄毛を悪化させる要因になります。ウィッグで一時的にでも薄毛をカバー出来れば、悩みを解消できたりストレスも緩和されます。ウィッグにはこのようなメリットがあるので、薄毛の悩みが深刻な方はウィッグの利用を検討してみるのもオススメです。

 

ウィッグは保険適用?

結論から言えば、基本的に医療用ウィッグであっても保険は適用されません。健康保険というのは、生命を維持するため、もしくは健康に生きていくための保険です。つまり病気の治療にしか適用されませんから、健康には関わらない薄毛の治療はもちろん、それをカバーするウィッグにも適用されないのです。

 

例え医療用と付いていても、保険適用にはなりませんし、こういったウィッグは普通の商品よりも高額なので気をつけましょう。医療用となっているのは、病気の治療中にも安心して着用できる基準を満たしているからです。ですので、普通の薄毛をカバーするために利用する場合保険は使えません。

 

薄毛治療にもウィッグにも保険は適用されませんが、それでもウィッグを利用するメリットは大きいです。また、加入している保険によっては、抗がん剤治療で薄毛になった場合はウィッグ代を負担してくれるものもあるので、病気で薄毛になった人は保険を確認してみましょう。

びまん性脱毛症治療ランキング