MENU

妊娠中に急増する女性の薄毛・その原因と対処法について

産後に抜け毛が増える産後脱毛症はよく知られていますが、実は妊娠中にも女性の薄毛は急増するのです。

 

妊娠中に薄毛になると精神的な負担が増えるので、原因をしっかり把握して赤ちゃんに影響のないように対処法を学んでおきましょう。

 

妊娠中に薄毛が急増する原因

妊娠をすると、その状態を維持するために女性ホルモンの分泌量が増加します。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を維持する働きがあるので、本来であれば髪が抜けることはありません。

 

ですが、妊娠初期の場合だとホルモンの分泌バランスが安定していないので、エストロゲンの働きも十分に生かされないのです。

 

安定期に入るまでは流産の可能性が高いと言われるのは、女性ホルモンのバランスが整っていないからです。

 

そして、抜け毛が増えるのもホルモンバランスが崩れでヘアサイクルが乱れてしまうからなのですね。

 

また、妊娠中は胎児にたくさんの栄養を与えなくてはいけません。

 

しかし、つわりや体調の変化などで十分な食事が摂れなかったり、仕事などで食生活がいい加減だと、母体が栄養不足になります。

 

そのため髪の成長が維持できず抜け毛が増えて、薄毛が発症することもあるのです。

 

妊娠中の薄毛の対処法は?

妊娠による薄毛は、女性ホルモンの分泌バランスの崩れと食生活が原因です。

 

普通の状態で女性ホルモンの分泌量が減少した場合は、イソフラボンで補うのが効果的な薄毛改善方法です。

 

しかし妊娠中の女性ホルモンの分泌量の変化に関しては、自己判断でイソフラボンなどを摂取するのは危険です。

 

妊娠によって女性ホルモンのバランスが崩れるのは自然なことですから、何もしないようにしましょう。

 

その代わり、バランスの良い食事を心がけたり、たくさん睡眠を取るなど、できるだけ規則正しい生活習慣を心がけてください。

 

生活習慣を整えた状態で妊娠中期になれば、ホルモンの分泌バランスも安定しますから、薄毛も改善されていきます。

 

それでも不安という方は、シャンプーを低刺激性のものに変えるなど、外側から薄毛にアプローチしていくといいでしょう。

 

ただし育毛剤は頭皮から成分が浸透するので、妊婦さんでも大丈夫か確認してから使ってください。

びまん性脱毛症治療ランキング